TTのブログ

都内近郊でサックスを演奏しています。ライブスケジュール、聴いたもの、観たもの、読んだものについて

2019年1月の鑑賞記録

◼︎映画について

1月に観た映画は下記15本。()内は監督名/製作年。特に良かったものは★付き。

1. 『新・仁義の墓場』(三池崇史/2002)★

2. 『アレクサンドル・ネフスキー』(セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/1938)

3. 『メキシコ万歳』(セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/1931)

4. 『ストライキ』(セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/1925)

5. 『戦艦ポチョムキン』(セルゲイ・M・エイゼンシュテイン/1925)★

6. 『ローマ/ROMA』(アルフォンソ・キュアロン/2018)

7. 『女囚さそり けもの部屋』(伊藤俊也/1973)

8. 『美しき冒険旅行』(ニコラス・ローグ/1971)

9. 『地球に落ちて来た男』(ニコラス・ローグ/1976)

10. 『犯罪河岸』(アンリ・ジョルジュ・クルーゾー/1947)

11. 『殺人者(コロシ)を追え』(前田満洲夫/1962)★

12. 『ランジュ氏の犯罪』(ジャン・ルノワール/1936)

13. 『十字路の夜』(ジャン・ルノワール/1932)★

14. 『斬、』(塚本晋也/2018)

15. 『ひかりの歌』(杉田協士/2017)★

1は『仁義の墓場』(深作欣二)現代版として渡哲也が岸谷五朗に替わり、その狂演に魅せられる。5は数年ぶりに観たがモンタージュ理論という教科書的な説明抜きにひたすら面白い。11は団地映画とB級ノワールの理想的な融合。あの織田政雄の哀愁はなんだ。13は撮影・編集の異様さに戦慄。15オフスクリーンがここまで愛おしい映画は無い。

 

◼︎読書について

毎年初、今年は本を沢山読もうと心に誓うも、全くペースが遅い。読書家に必要な集中力が欠如しているのだと思う。

『晩春の旅/山の宿』(井伏鱒二)良かった。『水鶏』は特に好き。『貧乏まんが』(山田英生・編)が良かった。中でも『きなこ屋のばあさん』(つげ忠男)は最高。昨秋ニューヨークに行った際にメトロポリタン美術館の仮面コーナーに強く魅せられたので『仮面の道』(クロード=レヴィ・ストロース)を読んでいる(なかなか終わらない)。昔買った『新しい音楽-1945年以降の前衛』(R.スミス=ブリンドル)を久々に読み返しているがとても面白い。先人たちがいかに新しい音を獲得しようともがいてきたか譜例付きで分かり易く示されている。 

晩春の旅・山の宿 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

晩春の旅・山の宿 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

 
貧乏まんが (ちくま文庫)

貧乏まんが (ちくま文庫)

 
仮面の道 (ちくま学芸文庫)

仮面の道 (ちくま学芸文庫)

 
新しい音楽―1945年以降の前衛

新しい音楽―1945年以降の前衛

  • 作者: R.スミス‐ブリンドル,吉崎清富
  • 出版社/メーカー: アカデミア・ミュージック
  • 発売日: 1988/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

  

◼︎音楽について

上記音楽本と関連して、新ウィーン楽派以降の現代音楽をよく聴いている。「ウェーベルン礼賛」という章があるくらい彼の影響は大きかったようで、次に「点描主義」として紹介されていたLuigi NonoのPolifonica Monodia Ritmicaが気に入った。

www.youtube.com

ウェーベルンでは特にSymphonyが好き。

www.youtube.com

ジャズの領野にも彼の影響は広がっている。

Ingrid LaubrockのSerpentines収録の"Pothole Analytics"
laubrock-intakt.bandcamp.com

John O'GallagherによるWebern Project

www.youtube.com

 

『地球に落ちて来た男』のラストでArtie ShawによるStardustが使われていた。映画はそこまで趣味でなかったがこれだけで満足して劇場を出られた。本当に名曲です。そういえば『恐怖の報酬』ラストではCharlie Parker with StringsのApril in Paris(だったか?)が使われてたな。

www.youtube.com